1. HOME
  2. ORIGINAL ITEM
  3. 「呼吸の見えるYOGA®」テキスト販売開始

ORIGINAL ITEM

「呼吸の見えるYOGA®」
テキスト販売開始

呼吸の見えるヨガ

QUIET TIME Original Text

吸えるポジションと吐けるポジションを
視覚的に可視化したテキスト

約15年間、自分で組んだビンヤサフローのシークエンスをクラスで提供してきました。過去の経験からもシークエンスが厳密に作られているアシュタンガヨガを指導していた時から自分でシークエンスを組むビンヤサクラスへの移行時にはシークエンスを組むという点において毎日頭を悩ませ、大変苦労をしました。

呼吸の見えるヨガ

シークエンス作りは解剖学など身体的な側面はもちろん、哲学やテーマ、気温などの季節感や参加者のレベルなど非常に考慮する点が多岐に渡るのと同時に、ポーズの選択肢は無数にありながらも同じ名称のポーズを行っても参加者のポーズの取り方は様々で使っている筋肉や作用が全く異なることがあります。これらの点からシークエンスの作り方は話しの範囲が広がりやすく、曖昧になりやすいのが特徴でした。

ヨガシークエンス
シークエンス講座

提供されるヨガの流派や運動量が様々であっても、ヨガ=呼吸という一つの大きな共通の側面を考慮し、『呼吸の見えるヨガ®︎』を作成しました。『呼吸の見えるヨガ®︎』は厳密にいうと吸えるポジションと吐けるポジションを視覚的に可視化したテキストです。

ヨガ=呼吸

提供されるヨガの流派や運動量が様々であっても、ヨガ=呼吸という一つの大きな共通の側面を考慮し、『呼吸の見えるヨガ®︎』を作成しました。『呼吸の見えるヨガ®︎』は厳密にいうと吸えるポジションと吐けるポジションを視覚的に可視化したテキストです。

オリジナルテキスト

解剖学的な関節のポジションと呼吸器の生理学的な作用から脊柱の伸展や肩関節の外転など胸郭が広がり、吸気が誘発されるポジションを陽性、赤とし。脊柱やの屈曲、肩関節の内転など胸郭が絞られ、呼気が誘発されるポジションを陰性、青としました。この振り分けをする事でシークエンス(アーサナが配置された連続したならび)の中で、前のポーズから相対的に伸展方向(吸気の優位なポジション、血中酸素濃度が上昇しやすい覚醒度の高い状態)か屈曲方向(呼気の優位なポジション、頭が落ち着きやすい状態)や同じ名称のポーズでも重力に逆らうような背筋優位のポジションは赤(陽性)、重力に従うような受身のポーズの取り方は青(陰性)と生理学的な作用の違いが視覚的に理解しやすくなります。

呼吸の見えるヨガイメージ
呼吸の見えるヨガイメージ
呼吸の見えるヨガイメージ
呼吸の見えるヨガイメージ

ローソク足チャートの手法を参考

これは株式や為替市場での株価の変動がろうそく足と呼ばれる前日の終値ベースから上昇したものを陽線、下落したものを陰線と呼び株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表すローソク足チャートの手法を参考にしました。シークエンスの中でビジュアル的に赤青(陰陽)を表すことで太陽礼拝は赤と青が交互にくることで呼気と吸気を交互に深め、矢状面上の動きをバランスよく配置していることなどがわかります。また、必ず赤と青が交互に配置される必要はないのでビンヤサのクラスでも青のポーズが全体的に多く配置されれば落ち着いた内観性の高いメディテイティブなフローの印象に。ポーズのホールドの長い陰ヨガでも、赤のポーズが多く配置されれば頭の覚醒度の高い印象のクラスに。それらを考慮しアーサナの練習の後に瞑想の時間を設けるなどバランスをとることなどができます。

10年前の自分がこういう風にシークエンスの組み立て方を習いたかったと思える内容です。QUIET TIMEの公式オンラインショップで購入が可能になりました。ぜひチェックしてください。

オンラインショップ

ORIGINAL ITEM